柳原天神社

柳原天神社(やはぎはらてんじんしゃ)

柳原天神社

〒652-0892 兵庫県神戸市兵庫区東柳原町1-12

TEL: 078-651-1283

JR兵庫駅より約500m。徒歩で約6分程度、国道2号線近くの場所にあります。

こじんまりとした小さな神社ですが、パワースポットとして有名です。

 

十日えびすで賑わう毎年1月9日~11日。

えべっさんと、大黒さん、そしてこの柳原天神の布袋さん。

一度にお参りが出来るのは全国的にもとても珍しいようです。

ですが、国道2号線を挟んだだけで、人通りが一気に少なくなってしまいます。

上には高速道路、国道2号線は車線が多く、なんだか寸断されてしまっているような感じです。

柳原天神社まで参拝するという方は少なく、お祭りでもひっそりとしており、ちょっと寂しい雰囲気です。

 

兵庫福神のひとつ、柳原天神社は布袋さん。

布袋・・・中国の唐代末頃に実在したお坊さんです。比較的小柄でお腹が出て、破れた衣を着て、生活に必要なものがすべて入った大きな袋をいつも持っていました。

占いや天候を予知することが上手で、雪の中に寝ても体が濡れなかったという話があります。(七福神看板より)

柳原天神社布袋

天神さま

 

こちらは「夫婦いちょう」↓

柳原天神社夫婦いちょう

柳原天神社の境内にある夫婦いちょうの木は、縁結び、夫婦円満、子宝、良縁に恵まれると言い伝えられています。

私もしっかり、銀杏の木に触れてきました♪

撮影した日は天気がよく、いちょうの葉が青々としてとても綺麗でした。

夫婦いちょう

柳原天神社の拝殿、上の方をよーく見てみると、小さな牛がいるのが分かります。

上部の写真では分かりにくいので、写真をアップしてみました。

菅原道真が和田岬に立ち寄ったことに由来し、学問にご利益があるといわれています。

菅原道真の神使は「牛」です。天満宮、天神さまに牛の彫像の牛が祀られています。

もちろん、この他、境内にも牛がいました。

柳原天神社の牛

兵庫 柳原天神社 由緒

人皇第六十代醍醐天皇の昌泰四年正月右大臣菅原道真公は九州太宰府へ左遷さるる事となりその途次当地兵庫港に上陸し折から咲き誇る梅花を賞で

風さむみ 雪にまかへて咲く花の

袖にぞ移れ匂ふ 梅が香

と、詠じ給った。

公の太宰府に薨ぜらるるや太宰府安楽寺の菅公廟より御分霊を迎え奉祀しました。

これが、当社の縁起であります。

(柳原天神社 説明板より)

柳原天神社由緒

Copyright(c) 2014 兵庫津の道を歩こうガイド All Rights Reserved.