柳原惣門跡の碑

柳原惣門跡の碑(やなぎはらそうもんあとのひ)

西惣門跡の碑

〒652-0806 兵庫県神戸市兵庫区西柳原町5-20

JR兵庫駅から東へ約400m。徒歩で約5分程度の交差点にあります。

柳原惣門は兵庫津の西の惣門。

写真からも分かるように、ちょうど柳原蛭子神社の前にあります。

 

説明板にある、柳原惣門の推定復元図はこちら↓

柳原惣門推定復元図

 

案内板の説明が写真では読みにくいので、下記に記します。

西国街道は、近世になってからは、西から来れば、須磨・長田方面から現在のJR兵庫駅の北を通り、西柳原町の柳原蛭子神社と福海寺にはさまれる位置あたりで兵庫の町にはいる。

西国街道を通って兵庫の町に出入りする場所、即ち西の柳原口と東の湊口には惣門が設けられていた。

柳原惣門が最初に設置された時期は、兵庫城の築城に伴う外郭の土塁(外輪堤・都賀堤)の構築時である天正八年(1580)頃に、その関門の一つとして設置された可能性が高い。

城は、現在の中ノ島あたりに主郭を置き、周囲にこの外郭の土塁と堀を設け、内側は郭内として兵庫津のまち全体を城下町とする縄張りとなっていた。

即ち、兵庫津の外郭は総曲線(総構)と考えられ、その曲輪の門として惣門と称されたのではないかと推測される。

この門は、明治八年外輪堤(都賀堤)とあわせて撤去された可能性が高い。

なお、平成十三年度に実施した柳原惣門調査会による調査と、平成十四年度に実施した埋蔵文化財調査(兵庫津遺跡第二十九次調査)の発掘結果を参考として推測復元図を作成した。

平成十五年十二月吉日 神戸市 岡方協議会

 

この案内板・・・頻繁に前を通っていたにもかかわらず、設置されたのがいつだったか記憶がないのです。

地元だと案外気をつけてみていない・・・ということですね。お恥ずかしい話です。

調査会の年度からすると、ここ十年ほどのことのようですね。

 

 

Copyright(c) 2014 兵庫津の道を歩こうガイド All Rights Reserved.