金光寺

金光寺(こんこうじ)

金光寺本殿

〒652-0835 兵庫県神戸市兵庫区西仲町2-12

JR兵庫駅から約1km。徒歩で約15分程度。

 

金光寺の本殿は1995年(平成7年)の阪神淡路大震災で全壊。

2003年(平成15年)に再建されました。本堂の建物は震災前と同じデザイン。

ちょうど、参拝しようと足を踏み入れたところ、和尚さんがお声をかけてくださり、2階にある本堂へ案内してくださいました。

静かな静かな本堂に聞こえるのは、私の息遣いだけ・・・という何ともいえない空間に、神々しい薬師如来さまの姿がありました。

金色に光り輝くご本尊さまにため息がでるほどでした。

広くはない本殿でしたが、ありがたい思いに包まれました。

金光寺

 

金光寺は、「兵庫の薬師さん」の名で知られ、承安三年(1173)隆善法師の開基といわれ、寺名にまつわる次のような伝説があります。

経ヶ島築造のとき、清盛の枕元に童士が現れ「兵庫の海中に霊仏があるので探し出すよう」夢告しました。

さっそく大和田の海に網を下ろしたところ、海中から金色の光まばゆい黄金薬師尊が出現したことから、金光寺と名づけられました。

この時、海中から出現した本尊は、薬師如来の胎内に納められていると伝えられています。 (金光寺案内板より)

 

Copyright(c) 2014 兵庫津の道を歩こうガイド All Rights Reserved.