阿弥陀寺

阿弥陀寺(あみだじ)

阿弥陀寺

〒652-0844 兵庫県神戸市兵庫区中之島2-3-1

TEL : 078-671-6206

地下鉄海岸線・中央市場前駅より約400m。徒歩で約5分程度。

 

清盛塚を後にして、大和田橋を渡り中央市場へと向かう道に阿弥陀寺はありました。

自転車で通っていると、気持ちの良い下り坂なので、思わず通り過ぎてしまうところでしたっっ

看板を見つけて、慌てて引き返しました。

阿弥陀寺看板

阿弥陀寺は平清盛が海路安全の守護神として建立したものと伝えられている。

また、自らの繁栄を祈願したものなどの諸説があります。

阿弥陀寺境内には、平清盛が魚族の供養をするために建立したという魚の御堂があったと伝えられています。

 

魚の御堂礎石由来(楠公供養石)

魚の御堂礎石由来

説明板の内容は以下のとおり。

「池中の大石は平清盛が魚を供養するために建てた魚の御堂礎石と伝えられている。
又、楠木正成公の供養石と伝えられている。
建武三年(1336)5月25日湊川の戦いに大捷した足利尊氏が須佐の入り江の奥にあった魚の御堂で楠木正成公の首改めをしたと言われる礎石である。
この大石を黒田長政より絵屋(鷹見家)が賜ったものを阿弥陀寺に寄贈された。
昔の争いを水に流し平和を祈願して中庭より池中に納められた。又、この大石は明石の語源となる赤石であるとも言われている。

平成十年四月吉日」

 

Copyright(c) 2014 兵庫津の道を歩こうガイド All Rights Reserved.