宝地院

宝地院(ほうちいん)

宝地院

 

〒652-0032 兵庫県神戸市兵庫区荒田町3-17-1

TEL : 078-511-5247

JR神戸駅より北へ約1.1km。徒歩で15分ほどの場所にあります。

すぐ近くには荒田八幡神社や神戸大学医学部付属病院などがあります。

宝地院HP : http://www.kobe-houchiin.com/

 

宝地院は平清盛のすすめで福原に都を遷し、壇ノ浦で二位尼時子に抱かれて入水した安徳天皇の菩提を弔うため、弘安2年(1279年)に建てられたと伝えられています。

JR神戸駅から北へは少し坂道が続いています。

平清盛ゆかりの史跡が点在する地域であり、約四百年続いた平安京を捨て、福原への遷都した場所です。

少し歩けば、清盛ゆかりの神社や史跡があり、ここ宝地院は福原京を訪ねる旅の最初になりました♪

 

宝地院に併設して、宝地院保育園があります。

宝地院保育園

撮影に伺った時は、ちょうど園児が遊んでいる時間帯でした。

こじんまりとした寺院に園児の可愛らしい声が響いていました♪

併設と言っても、宝地院の目の前が保育園の運動場のようになっていたため、正面から写真を撮るのは憚れたため、上部のようなほぼ真横からの写真になってしまいました。

宝地院と保育園

 

薬王山 宝地院(浄土宗)案内板より

宝地院由来

安徳天皇の御菩提を弔うために弘安二年(1279年)に創建さる

当寺域はもと平頼盛の山荘として治承四年六月三日

安徳天皇入御あり

高倉上皇は雪の御所に入御ありしが 御所を替り給い

高倉上皇も六月四日より其年十月までこの山荘に

居給しなり

Copyright(c) 2014 兵庫津の道を歩こうガイド All Rights Reserved.