古代大輪田泊りの石椋

古代大輪田泊の石椋(こだいおおわだのとまりのいわくら)

古代大輪田泊の石椋

兵庫県神戸市兵庫区船大工町あたり、新川運河の築島水門近くに古代大輪田泊の石椋があります。

日宋貿易の拠点とするため平清盛は奈良時代に大和田泊りを修築しました。

これにより、日宋貿易が盛んになり、日本からは好物や材木、宋からは宋銭や書物、香料などが交易されました。

1952年(昭和27年)に新川運河の拡張工事の際に松丸太の棒杭とともに出土した二十数個の巨石がこの古代大和田泊の石椋であったと推定されています。

石椋とは、石を積み上げた防波堤や突堤など、港湾施設の基礎のことをいいます。
こちらは古代大和田泊の石の案内板です。

古代大輪田泊の石椋案内板

以下に案内板の内容を記します。

「この花崗岩の巨石は、昭和27年の新川橋西方の新川運河浚渫工事の際に、重量4トンの巨石20数個と一定間隔で打込まれた松杭とともに発見された一石です。

当時は平清盛が築いた経ヶ島の遺材ではないかと考えられていました。

その後、この石材が発見された場所から北西約250mの芦原通1丁目で、平成15年確認調査が行われ、古代の港湾施設と考えられる奈良時代から平安時代の中頃の大溝と建物の一部が発見されました。

このことより石材が発見された場所は、当時海中であったと考えられ、出土した石材は、古代大輪田の泊の石椋の石材であったと推定されます。

石椋とは、石を積み上げた防波堤(波消し)や突堤の基礎などの港湾施設であったと考えられます。

その構造は出土状況から、港の入口にこのような巨石を3~4段程度積上げ、松杭で補強し、堤を構築していたものと推定されます。

大輪田の泊は、平安時代のはじめに律令国家の菅理のもとに造営された泊(港)です。

当時、物資輸送や外交航路として重要視されていた瀬戸内海の航路と泊の整備が進められていました。

当時の史料には泊の運営管理を行う官舎や石椋等の港湾設備が整備され、中央政府から派遣された造大輪田船瀬(ぞうおおわだふなせ)(泊)使が泊の造営や修築にあたり、修築後は国司(こくし)が運営管理を行っていた様子が記されています。

また、承和3年(831)には、当時の中国や東アジアの最新の文化や情報を取り入れるための遣唐使船が暴風雨を避けるために寄港していることから、このころには大型外洋船の寄港地としても整備されていたことが窺えます。

平成17年3月  神戸市教育委員会   兵庫区役所

札場の辻跡

札場の辻跡

札場の辻跡

〒652-0834 兵庫県神戸市兵庫区本町2丁目の角にあります。

札場とは幕府が設置した高札場があった場所のことを言います。

高札場とは、町人が守るべきことしてはならぬこと、その他幕府からの布達を掲示する場所。

こちらには札場の辻跡として、道標のみが残っています。

半分ほど埋まってしまっているようにも見えますね…

現在はこの道標と案内板が住宅街の角地に残っているのみです。

岡方会館のすぐ近くですが、気をつけて歩いていなければ、通り過ぎてしまいそうです。

 

こちらが札場の辻跡の案内板です。内容は下記に記します。

札場の辻跡案内板

 

札場の辻跡(西国街道)

江戸時代、西国街道は兵庫のまちの東の入り口である湊口惣門をくぐって、兵庫津に入っていました。

それから湊町、本町を経て南仲町の辻に出ます。

ここを右折して、神明町、北逆瀬川町、東柳原町を経て西柳原町へ出、西の入り口である柳原惣門を抜けて、須磨、明石へ向かいました。

南仲町の辻は、兵庫の中心地に当たり、ここに大きな高札場(幕府の布達等を掲示する場所)があったので、俗に

「札の辻」とも「札場の辻」とも呼ばれていました。

兵庫の高札場は、ここと東西の惣門と、来迎寺(築島寺)前との四ヶ所にありましたが、ここが兵庫の中心であったことから、南仲町のものが有名になっています。

明治元年、幕府の高札は廃しされましたが、新政府に引き継がれ太政官お名前で掲示されて、慶応四年まで設置されていました。

神戸市  岡方協議会  よみがえる兵庫津連絡協議会

岡方惣会所の碑

岡方惣会所の碑

岡方惣会所の碑

〒652-0834 兵庫県神戸市兵庫区本町2丁目3番33号 小物屋会館

神戸市営地下鉄 中央市場前駅一番出口より約500m。徒歩で約7分程度。

現在、この場所には岡方会館はありません。

上部の写真、岡方惣会所跡の碑が立っています。

 

岡方惣会所の碑のあるこの場所には「兵庫津歴史館 岡方倶楽部」があります。

2013年4月に開設されました。

この建物は昭和2年、兵庫商人が自ら地域の社交場として、西国街道沿いのこの地に建造しました。

大正ロマン漂うモダンな石づくりの建造物。

昭和20年の神戸大空襲にも奇跡的に免れ、阪神・淡路大震災でも残存した奇跡の建物と言われています。

岡方倶楽部

 

当時の雰囲気がそのまま残る、美しい外観です♪

レンガの赤が引き立ち、丸い玄関口や、外壁に施された美しい装飾も目を引きます。

HP: https://sites.google.com/site/okagataclub/

 

岡方惣会所の由緒

岡方惣会所由緒

 

徳川時代兵庫津の行政機構は全域を三分し、岡方、南濱、北濱とした。

これを三方(みかた)と称し、大坂町奉行所支配であった。

三方にはそれぞれ惣会所があり名主が惣代や年寄などを指揮して行政をおこなっていた。

岡方は濱に接しない町々を含めて総称し、岡方惣会所をここに設けていた。

岡方 現在の町名

神明町  南逆瀬川町  北逆瀬川町

南仲町   西仲町   切戸町

磯之町   浜崎通   東柳原町

西柳原町  西宮内町  本町

三川口町  門口町  永沢町

佐比江町  湊町 兵庫町

新開地  (一部地域を含む)

由緒板より

金光寺

金光寺(こんこうじ)

金光寺本殿

〒652-0835 兵庫県神戸市兵庫区西仲町2-12

JR兵庫駅から約1km。徒歩で約15分程度。

 

金光寺の本殿は1995年(平成7年)の阪神淡路大震災で全壊。

2003年(平成15年)に再建されました。本堂の建物は震災前と同じデザイン。

ちょうど、参拝しようと足を踏み入れたところ、和尚さんがお声をかけてくださり、2階にある本堂へ案内してくださいました。

静かな静かな本堂に聞こえるのは、私の息遣いだけ・・・という何ともいえない空間に、神々しい薬師如来さまの姿がありました。

金色に光り輝くご本尊さまにため息がでるほどでした。

広くはない本殿でしたが、ありがたい思いに包まれました。

金光寺

 

金光寺は、「兵庫の薬師さん」の名で知られ、承安三年(1173)隆善法師の開基といわれ、寺名にまつわる次のような伝説があります。

経ヶ島築造のとき、清盛の枕元に童士が現れ「兵庫の海中に霊仏があるので探し出すよう」夢告しました。

さっそく大和田の海に網を下ろしたところ、海中から金色の光まばゆい黄金薬師尊が出現したことから、金光寺と名づけられました。

この時、海中から出現した本尊は、薬師如来の胎内に納められていると伝えられています。 (金光寺案内板より)

 

柳原惣門跡の碑

柳原惣門跡の碑(やなぎはらそうもんあとのひ)

西惣門跡の碑

〒652-0806 兵庫県神戸市兵庫区西柳原町5-20

JR兵庫駅から東へ約400m。徒歩で約5分程度の交差点にあります。

柳原惣門は兵庫津の西の惣門。

写真からも分かるように、ちょうど柳原蛭子神社の前にあります。

 

説明板にある、柳原惣門の推定復元図はこちら↓

柳原惣門推定復元図

 

案内板の説明が写真では読みにくいので、下記に記します。

西国街道は、近世になってからは、西から来れば、須磨・長田方面から現在のJR兵庫駅の北を通り、西柳原町の柳原蛭子神社と福海寺にはさまれる位置あたりで兵庫の町にはいる。

西国街道を通って兵庫の町に出入りする場所、即ち西の柳原口と東の湊口には惣門が設けられていた。

柳原惣門が最初に設置された時期は、兵庫城の築城に伴う外郭の土塁(外輪堤・都賀堤)の構築時である天正八年(1580)頃に、その関門の一つとして設置された可能性が高い。

城は、現在の中ノ島あたりに主郭を置き、周囲にこの外郭の土塁と堀を設け、内側は郭内として兵庫津のまち全体を城下町とする縄張りとなっていた。

即ち、兵庫津の外郭は総曲線(総構)と考えられ、その曲輪の門として惣門と称されたのではないかと推測される。

この門は、明治八年外輪堤(都賀堤)とあわせて撤去された可能性が高い。

なお、平成十三年度に実施した柳原惣門調査会による調査と、平成十四年度に実施した埋蔵文化財調査(兵庫津遺跡第二十九次調査)の発掘結果を参考として推測復元図を作成した。

平成十五年十二月吉日 神戸市 岡方協議会

 

この案内板・・・頻繁に前を通っていたにもかかわらず、設置されたのがいつだったか記憶がないのです。

地元だと案外気をつけてみていない・・・ということですね。お恥ずかしい話です。

調査会の年度からすると、ここ十年ほどのことのようですね。

 

 

福厳寺

福厳寺(ふくごんじ)

福厳寺

〒652-0814 神戸市兵庫区門口町3-4

TEL: 078-681-1951

JR兵庫駅より約600m。徒歩で約8分程度。

JR沿線沿いを歩き、少し南へ入った住宅街にあります。

 

兵庫津の道といわれるこのあたりは史跡があちらこちらに点在していますが、特にこの福厳寺のある兵庫駅周辺は多いよう感じました。

門の脇にある石碑は「史跡後醍醐天皇駐蹕之處」と書かれています。

後醍醐天皇が元弘3年(1333)6月、隠岐から京都に帰られる途中、福厳寺に駐留されたことを示してあります。

 

福厳寺拝殿

福厳寺の前には「都賀堤」の説明板がありました。

都賀堤

 

内容が読みにくいので、下記に記します。

「都賀堤」(旧兵庫の町の外岳堤防)

兵庫の津の外郭をなす堤防を都賀堤(とがつつみ)と言って古くから伝称している。

この堤は天正8年(1580)池田信輝が花熊城を落城させた後、その遺材を加えて築いたといわれる兵庫城の外郭であり、 外側には堀のような水の流れがあった。

兵庫津最古の元禄9年(1696)の絵図には兵庫の町を囲む堤防とその外側には堀のあることを示している。

寛政9年10月(1797)に兵庫の名主、庄屋立ち会いで調査した{外輪堤絵図」によると、西国街道兵庫津の東入口である湊口惣門から永沢町、 三川口町、(それぞれ出入りの門があった)などを経て西の入口である柳原惣門に出て、 満福寺まえから逆瀬川石橋を経て須佐の入江に至る間、全長約750間(約1350メートル)、堤防の幅1間半~7間(2.5~12メートル) 堤防の一部は欠けているが、外側の堀を残してい る。

兵庫城の本丸は海に沿うて構えられていて、この堀と堤防に囲まれた内に兵庫の町があり、 城下町の構造であった事はあまり知られていない。

ながく後まで残っていた此の堤防は兵庫の町の発展につれ、邪魔者となっていたが、明治8年に皆削りとられて平地となり、 付近の町に編入されその跡はなくなった。

都賀の堤というのは恐らく城下町の「外側(ソトガワ)堤」と言ったのが「トガ堤」となったのであろう。

神戸市   岡方協議会

 

湊八幡神社

湊八幡神社(みなとはちまんじんじゃ)

湊八幡神社

〒652-0813 神戸市兵庫区兵庫町1-4-37

TEL: 078-671-7442

HP: http://minatohathiman.web.fc2.com/index.html

JR神戸駅から約900m。徒歩で約12分程度。

JR沿線のすぐ近く、住宅街あたりに鎮座しています。

拝殿はこちら↓

湊八幡神社拝殿

湊八幡神社には「迷い子のしるべ石」というものがあります。

その名のとおり、警察がなかった時代、迷子さがしの方法として考えられ、建てられた石です。

迷い子のしるべ石

 

迷い子のしるべ石の説明板はこちら↓

迷い子のしるべ

 

ちょっと読みにくいようなので、下記に内容を記してきます。

「迷い子のしるべたての由緒

湊八幡神社は元西国街道筋の兵庫の町への東入口に在り徳川時代には番所があり、要衝であった。

警察活動の行き届かなかった時代迷子をさがしの方法として考えられ、神社塀外に建っていたのがこの建て石である。

惜しくも昭和二十年三月十七日戦災に依り破損したが我が国に於て現存しているのは数少く当時の風俗を物語る貴重な資料である。

この度之を修復すると共に新に同一のものを作り併せ建立して永く保存しようとするものである 。

昭和四十六年四月六日 湊八幡神社

 

参拝しているだけでは、思わず見落としてしまいそうな迷い子のしるべ石。

どうしても隣に建つ立派な神馬像に目が行ってしまいます。

神馬

湊口惣門跡の碑

湊口惣門跡の碑(みなとぐちそうもんあとのひ)

湊口惣門跡の碑

西国街道の湊口惣門跡の碑は「湊八幡神社」の前に立っています。

⇒ 湊八幡神社のページはこちら

神戸市兵庫区兵庫町1-4-37

JR神戸駅から約900m。徒歩で約12分程度の場所にあります。

 

湊口惣門は兵庫津の東の玄関口にあたります。

西の玄関口は柳原惣門、柳原蛭子神社の前に立っています。

どちらも、良く前を通る道でありながら、特に目を向けることもなく、通っていたように思います。

改めて、兵庫津の道を辿っていると、色んな発見がある♪と嬉しくなりました。

湊口惣門跡

西国往還に設けたの出入り口の惣門である。

東より来る西国往還は相生橋より相生町を経て、市電気局前に来り、進んで此の惣門を入り、兵庫津の湊・江川・木戸・木場・小物屋・北仲の諸町、今の所謂兵庫本町を進み、南仲町今の神戸商業銀行前を右折し、小廣・神明・逆瀬川・東柳原・西柳原の町々を過ぎ、柳原口にあった柳原惣門を出て、斜めに今の長田交叉点に出て、西代を経て須磨に向かった。

兵庫の惣門は天正年間、池田信輝が織田信長の命によって、花隈城を攻略し、その功によりて兵庫を治し、城を築く。

其時、湊口・江川口・永澤口・三川口・関屋口・皆関門番所を設け、市中にの宮内・匠・松屋・魚棚・島上の諸町に、中濱門として番所を設けたが、徳川時代に入り、青山氏が此の地を領した時悉く之を破却し、只湊口・柳原区との両門を残した。

古図によれば惣門内には何れも番所があった。更に此番所の傍に高札があったが、幕末の地図によれば門外左側に高札場が移転している。これは門の修築に当たり番所を廃し、高札場を門がに移したものと思科する。

昭和四年十二月 岡九殻三郎 福原潜三郎 著

「神戸古今の姿」抜萃

湊口惣門跡の碑の説明

七宮神社

七宮神社(しちのみやじんじゃ)

七宮神社

〒652-0831 兵庫県神戸市兵庫区七宮町2-3-21

TEL: 078-671-3388

JR神戸駅から約1km。JR兵庫駅から約1.2km。

ちょうど神戸駅と兵庫駅の中間あたり、国道2号線沿いの大きな七宮交差点にあります。

案内板が七宮交差点のところに設置されていました。

七宮神社案内板

とても交通量の多い場所です。すぐ上を見上げると高速道路が見えます。

こんな場所に神社があるの?と、騒々しい環境のように思えましたが、七宮神社に一歩足を踏み入れるとちょっと世界が変わりました♪

視界が開けた明るい境内は、とても入りやすい雰囲気。

七宮神社入り口

入り口はどこもフラットになっています。

ご年配の方や車椅子の方にも配慮した手すりとスロープも設置されています。

緑も多いですが、開放感があって、全体的に明るい印象がします♪

七宮神社築造

 

七宮神社の築造伝説・・・

創建の年代は定かではありませんが、一説にはもとの会下山の南麓の集落で、北風家が祀っていたと伝えられます。

清盛が経ヶ島築造の工事を進めるにあたり、暴風雨でなかなか進まないのを不審に思い、調べたところ、築造に必要な土砂を取っていた塩槌山に住む神が起こって暴風雨を起こすことがわかり、そこにあった神社を現在の七宮町に移築し祀ったところ、無事築造できたと謂われています。

七宮神社印

社務所にあった印判を記念に押してみました♪

鎮守稲荷神社

鎮守稲荷神社

鎮守稲荷神社

〒652-0822 兵庫県神戸市兵庫区西出町680

お問い合わせ: 078-681-2112

JR神戸駅から南西へ約700m。

徒歩で約10分程度の場所にあります。

 

国道2号線に沿って、兵庫駅方面に歩いていると、住宅街にひっそりと佇む神社が現れます。

少し薄暗くて、鬱蒼としたした感じです。

小さな小さな鎮守稲荷神社ですが、こちらには目を引くたくさんのものが祀られています。

歴史好きな方なら、一度は立ち寄ってみたいと思われるのではないでしょうか。

 

創建の時期は不明。

平清盛が兵庫津の整備を進めるにあたり、工事の安全を祈願して創建したという説もありますが、はっきりしたことは分かっていません。

高田屋嘉兵衛が海上交通安全を祈って奉納した、一対の石灯篭が境内にある事から、少なくとも寛政年間(1789~)にはすでに鎮座されたといわれています。

平経俊公の由来

平経俊公の由来・・・

若狭守経俊は平清盛の甥で一の谷の合戦に華と散った平の敦盛の兄である。

湊川の合戦で鵯越の守備についていたが戦利あらず長田の森を経て西出の浜へとおちのびてきたところを源の範頼の郎党名和太郎に追いせまられ勇ましくも組打となり当地で落命した。

時に寿永三年二月御歳わずか十八歳であった

明治になり太陽暦になったので以来三月七日を命日として御霊祭をとり行う古来とくに子供の守護神(夜なき神様)として信仰されている。

日向神社

こちらは境内にある日向神社。

安産守護の神が祭られています。

鎮守稲荷神社のビリケンさん

鎮守稲荷神社の本殿にはビリケンさんがいらっしゃいます。

ビリケンさんといえば、お堂には鍵がかかっていますので、残念ながら間近で見ることは出来ません。

でも、外からでもちゃんとビリケンさんを見ることは出来ます。

覗いてみると、可愛らしいビリケンさんが見えました♪

ほわわ~んとした雰囲気が伝わってきますね。

ビリケンさん

また、鎮守稲荷神社の前には高田屋嘉兵衛が献上したという灯篭があります。

西出町の鎮守稲荷神社は、町内の人から「ちちみさん」と呼ばれて親しまれています。

神社の記録は残されていませんが、寛政のころ( 18世紀)この地に鎮座していたことはたしかで、「西出のお稲荷さん」として町内の信仰をあつめていました。

この石灯篭は文政7年、海の豪商として活躍した高田屋嘉兵衛が、海上安全を願って鎮守稲荷神社に献上したものです。

文政7年というと、嘉兵衛はすでに淡路に引退しているのですが、育ててくれた兵庫を忘れることはなかったのでしょう。

嘉兵衛の西出町を思いやるこころが感じられます(西出町自治協議会)

 

Newer Entries »
Copyright(c) 2014 兵庫津の道を歩こうガイド All Rights Reserved.